構造

きめ細やかに配慮した基本構造

  • img_equip01

    逆梁アウトフレーム工法を採用。広くて機能的なリビングルームを実現しました。

    通常、天井側に出る梁を床側に設け、柱とともに部屋の外側に出す逆梁アウトフレーム工法を採用。家具もコーナースペースにぴったりと置く事が出来、室内のスペースをより広く有効活用する事が出来ます。また、バルコニーに面するサッシは高さ約2,300・2,400㎜のハイサッシュを採用。開口部の高さを天井に近い位置まで上げることで、視界が広がる開放的な空間を実現します。

  • img_equip02

  • equip2

  • img_equip06

    ダブル配筋

    主要な壁には縦横に組んだ鉄筋を二重に配したダブル配筋を採用。

  • img_equip11

    戸境壁

    隣接住戸の生活音の伝わりの軽減やプライバシーに配慮して、約210mm厚のコンクリート戸境壁または、高性能耐火遮音壁を採用しています。

  • img_equip07

    閉鎖型フープ

    構造計算に基づいて、柱には主筋とコンクリートを強固に拘束する閉鎖型フープを配しています。

  • img_equip08

    コンクリート強度

    設計基準圧縮強度27N/m㎡〜36N/m㎡の高い強度を持つコンクリートを使用しています。

  • img_equip09

    かぶり厚

    鉄筋を保護する意味でも重要なかぶり厚※についても、建築基準法で定める数値をクリア。アルカリ性のコンクリートが、酸化しやすい鉄筋を守ります。

    • 【かぶり厚】鉄筋からコンクリート外側までの距離。
    • 施工場所により厚さは異なります。
  • img_equip10

    二重床工法・二重天井

    スラブの厚さを約180mm以上とし、遮音性に優れた⊿LL(Ⅱ)-3の置床システムを採用。スラブ面と床面の間には、防振アジャスターを配し、スプーンや食器等の落下音(軽量床衝撃音)が階下へ漏れるのを軽減しています。 また、二重天井とすることで、将来のリフォームやメンテナンスへの対応に配慮しています。

  • img_equip12

    構造スリット

    耐力壁※以外のRC壁(非耐力壁)が地震時における柱、梁(主要構造部)などの地震力の伝達に悪影響を及ぼす事のないよう、構造計算にもとづき非耐力壁と主要構造部との間には構造スリット材を設けています。

    • 構造計画において構造計算上使用する壁
  • img_equip13

    地盤調査を反映した耐震性の優れた基礎構造

    ●地盤:地震に強い建物づくりには、強固な地層を支持地盤とすることが重要です。本物件では、地下約10m以深、N値50以上の支持層を建物を支える支持地盤としています。
    ●基礎構造:本物件では、支持層にアースドリル工法により、ストレート杭20本(14本:長さ約17.5m/6本:長さ約20.5m)を打ち込んでいます。

    地盤調査

    当マンションでは、地盤の許容支持力を正確に割り出すために、事前に敷地調査と、標準貫入試験などの地盤調査を実施しています。

  • img_equip14

    住宅瑕疵担保責任保険

    住宅瑕疵担保履行法/住宅の中でも特に重要な部分である、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分で瑕疵が発生した時に修補費用の一定割合がJIOから売主等(事業者)に支払われます。当該瑕疵が発生した時に売主等が倒産等の場合、直接JIOへ保険金の請求ができます。

  • img_equip15

    住宅性能評価書

    住宅の品質確保の促進等に関する法律(住宅品確法)に基づいた、第三者機関から「住宅の性能表示制度」による性能評価を受けています。

※掲載のイラストは全て概念図です。